志望動機はどのように言えば良いですか?

志望動機は、企業の特徴、仕事内容の2本立てで組み立てます。

企業に関する志望動機は予めホームページなどで具体的に自分が関心を持った部分を話し

ます。ホームページから知った特徴を志望動機に含める場合には、必ず同業他社などのホームページも確認しておきます。もしかしたら、あなたが目をつけたことは、ほとんどの会社が掲げている特徴かもしれません。その場合は、志望動機として非常に弱いものになってしまいますし、面接官に「だったらウチでなくてもいいのでは?」と切り返されてしまうかもしれません。

仕事内容に対する志望動機は、「年次決算に携わることができるから」といった理由では意味がありません。これは、あなたの希望の単なる押し付けです。面接官が知りたいのは、あなたの希望ではありません。

あなたの志望動機が面接官にとっての採用理由になるような志望動機を語らなければ面接官の心を動かすことはできません。

詳しくは転職成功マニュアルの志望動機をご覧下さい。



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…