経理の資格ガイド

経理の資格 転職 有効度チェック

経理のリーダを目指すビジネスパーソンは、目的に応じた資格を取得しておくことが必要です。転職に必要なのか、実務のために取るのか、士業になるために取るのかを明確にした上で、どの程度の資格を取得するのが良いのかを考えてチャレンジしよう。

経理の資格 有効度チェック表

経理の資格 目的別

目的別 取得すべき経理の資格は次の通りです。

転職したい

日商簿記2級を取得していれば殆どの企業の資格要件を満たす。

将来 独立したい

やはり税理士または公認会計士の資格を取得。

今のレベルを知りたい。実務経験を整理

日商簿記1級やビジネス・キャリア検定の勉強を進める。

今の会社で抜きんでたい

税理士や公認会計士の取得を目指す。

経理の資格 種類別

簿記検定

経理系の資格といえば先ずは簿記検定からスタート。

公認会計士

経理系資格の最高国家資格。
他人の会計監査を行うことができるのは公認会計士だけ。

税理士

もっとも身近な税金の国家資格。
他人の税務申告書を作成できるのは税理士だけ

米国公認会計士

米国の公認会計士。
日本国内で会計監査を行うことは出来ません。

CFO資格

財務実務の専門性を証明する民間資格。

FASS検定

経理・財務実務のスキルを客観的に測定するための検定試験。

ビジネス・キャリア検定

企業実務に即した専門的知識・能力を客観的に評価できる試験。

証券アナリスト

民間資格。経済・財務分析に関連す仕事をする人に。

中小企業診断士

国家資格。その名の通り中小企業に助言を行う仕事をする人に。

BATIC(国際会計検定)

国内基準と国際基準の差異が分かる。

英文会計検定

米国会計基準の理論と実務力をはかる。

TOEIC

日本のビジネス界で最もポピュラーな英語検定