「見た目が9割」!あなたは外見で判断されている!という記事がダイヤモンド社のサイトにありました。

見た目、第一印象の大切さについては、私共も転職アドバイスを行う方には必ず伝えています。このサイトでも、面接対策 先ずは第一印象面接官はここを見ているなど、何度も取り上げています。

ダイヤモンドの記事は、『100%好かれる1%の習慣』の著者の元CAの方が本の宣伝も兼ねて書いていらっしゃるようですが、転職活動にも役に立ちます。(リンク

ほとんどの転職希望者が、面接では中身を見てほしいと思っています。正論ですが、現実は違います。見た目、第一印象で殆ど決まってしまうと言っても過言ではありません。転職活動では、中身で自分を選んでもらえることはない、と考えておくべきです。

よく考えてみれば、僅か一時間程度の面接で初めて会うあなたの中身までを知ることが不可能なことは明らかです。

面接官は第一印象であなたの中身をイメージします。そのイメージに基づくあなた自身を前提に面接が進められます。当然、イメージが応募先の企業に合致するものであれば、面接は有利に進みます。

第一印象は簡単には変わりません。僅か一時間の面接ともなれば尚更、第一印象を変えることは難しい。面接が有利になるような身だしなみをして面接に臨みましょう。ダイヤモンド社の記事にも

「自分がそれを持つことによって、相手はどのような感情を持つのか」「相手に違和感を感じさせるかどうかを察する力を持ってほしい」ということです。つまり、その場に合ったもの、その相手に合ったものを身につけることが大切だということです。

とあります。応募先企業、すなわち面接官が、一緒に働いても違和感がないと思ってくれるような身だしなみで面接に臨みましょう。





candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

中途採用計画増の見通し2019年度

リクルート ワークス研究所の調…

東京国税局

google日本が移転価格で追徴

日経によれば、googleの日…

Googleで経理求人の検索がより便利に

Google検索に&#8221…