転職サイトdodaによれば、2008年の転職理由の調査開始以来初めて、転職理由の1位が「ほかにやりたい仕事がある」になったそうだ(2012年4~9月集計)。

これまでは、不況を反映して「会社の将来に不安」が転職理由の1位だった。

転職市場にとって良い兆しを見せている調査結果だが、今年後半に入ってからの電気関連を中心とする大手企業の業績悪化の影響が心配だ。大手製造業の業績悪化は、その企業本体だけでなくグループ会社、さらには取引先と影響の及び範囲が広くかつ甚大。

再度、「会社の将来に不安」が転職理由の1位になる可能性も否定できない。

最近、求人数増加といったようなニュースも散見するが転職活動に楽観視は危険。転職活動は極力、退職せずに行うことが望ましい。転職活動に集中したいからといって退職してしまうのは避けたい。心身に支障がない限り辞めずに転職活動を行なって欲しい。

photo credit: Alex E. Proimos via photopin cc



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

中途採用計画増の見通し2019年度

リクルート ワークス研究所の調…

東京国税局

google日本が移転価格で追徴

日経によれば、googleの日…

Googleで経理求人の検索がより便利に

Google検索に&#8221…