文章力に自身があれば、あえて欠点を盛り込む

高度なワザ 欠点を盛り込む

米国の採用に関する調査では、応募書類に長所ばかり並びたてる応募者よりも最初に短所や若干の不得意を明らかにしてから長所に触れる人のほうが面接に呼ばれる確率が高くなることがわかっています。

ただし、この手法を使えるのは、短所が本当に小さい場合で、文章作成力、表現力や構成力に自身がある場合だけです。

また、この手法を用いる場合に重要なのは、どの小さな短所を記述するかという点です。短所には必ずそれに関連した長所を組み合わせて示さなければならないからです。そのような場合に効果が発揮されることが分かっています。単に短所と長所を併記すれば良いというものではないということです。





candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

中途採用計画増の見通し2019年度

リクルート ワークス研究所の調…

東京国税局

google日本が移転価格で追徴

日経によれば、googleの日…

Googleで経理求人の検索がより便利に

Google検索に&#8221…