– 経理部長の部下採用マニュアル

選考結果は速やかに伝える

各回の面接合格結果や最終面接後の内定連絡は早ければ早いほど、経理人材を獲得できる確率があがります。

面接後に1週間を越えて何も音沙汰がなければ、応募者は今回の選考で自分は重要度が低いと判断されたと思うか、採用を見送られたと思います。

少なくとも1週間以内に採否を連絡しましょう。
面接時に結果連絡の予定期日を伝えておくのが理想です。

何らかの事情で、1週間を越える可能性がある場合は、少なくとも1週間経過するところで、現在の選考状況と結果連絡の予定期日を応募者に伝えましょう。

面接時に入社意欲が高かった応募者であっても、数週間以上、応募企業から音沙汰がなければ、入社意欲は下がります。気持ちは他社に移っていってしまいます。

数週間後、唐突に内定の連絡をしても良いと思った人材を獲得できる可能性は低くなります。応募者は、一番採用したい人材を獲得できなかったから次点以降の自分に声が掛かったのだろう、などと思ってしまうのです。

採用したいと思う人材の1人であると面接で感じたなら、最終的な採否連絡まで応募者と連絡を継続的に取るようにしましょう。

経理人材採用マニュアル目次に戻る



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

中途採用計画増の見通し2019年度

リクルート ワークス研究所の調…

東京国税局

google日本が移転価格で追徴

日経によれば、googleの日…

Googleで経理求人の検索がより便利に

Google検索に&#8221…