経理の転職 活動の流れ

転職活動では精度の高い有益な情報の入手が大切

  1. 情報収集する
    先ずは情報収集から始めましょう。この時点の情報収集の目的は、1.一般転職市場の大局、および 2.自分自身の転職市場でのポジショニングのイメージを掴むことです。a
  2. (AD)あなたの適正年収がわかるアプリ
    200万人の年収データをすべて公開。

  3. 中長期的な経理キャリアを考える
    自分自身の知識・経験を棚卸しをした上で、10年後のなりたい自分から逆算して、次の転職先をイメージします。
  4. 応募する経理の求人情報を探す
    転職エージェント(人材紹介会社)・求人広告・企業HP・ハローワークから経理の求人情報を探します。
  5. 書類選考・面接を受ける
    企業の書類選考・面接を受けます。一般的には書類選考に応募してから内定するまで、順調に行って、3-4週間を要します。
  6. 内定を受諾する
    内定は、給与等の諸条件を書面で確認の上、受諾します。内定後、受諾の返事まで暫く時間が欲しい場合があります。その場合、1週間程度の猶予の申し出であれば、一般には問題にならないでしょう。
  7. 入社、新しい職場で活躍する
    入社直後は、前職の引き継ぎによる過労と環境の変化で体調を崩しやすい時期です。体調管理には気をつけましょう。





candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)