消費税軽減税率に関するサイト開設-国税庁

2017年4月1日から消費税率が8%から10%に引き上げられ、消費税の軽減税率制度が導入されます。国税庁は4月12日、「消費税の軽減税率制度に関する特設サイト」を開設しました。

(AD)あなたの適正年収がわかるアプリ
200万人の年収データをすべて公開。

Q&Aコーナーなど、今後寄せられる質問や疑問点を踏まえて、随時、追加や掲載内容の改訂を行っていくようです。

とりわけ消費者向けビジネスを行っている企業の経理担当者は導入までマメにチェックしておきましょう。

マイナンバー導入時のように、先月と今月でガイドラインの内容が変わっているなんていうことも消費税軽減税率の場合でも十分にあり得ます。ガイドライン等が変わっているのに気付かず、走りだしてしまうと思わぬ失敗や損失を招く恐れがあります。

本来、このようなサイトは更新情報を簡単に知ることのできるRSS対応にすべきだと思いますが、残念ながら国税庁がそのような親切な対応をしてくれるはずもありません。

スケジュールやTO DOリストに入れて、定期的にサイトを必ず自ら見にいくか、RSS非対応サイトの更新をメール通知してくれるサービスを利用するようにしましょう。「ウェブサイトを定期的にチェック」とgoogle等で検索すれば、そのようなサービスを見つけることができます。





candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)