希望年収を下げれば受かる?

離職中の方からよくある相談です。

「なかなか就職先が決まらないので、希望年収を下げようと思います」

希望年収を下げれば、直ぐに決まるだろうというお考えだと思いますが、現実はそうではありません。

(AD)あなたの適正年収がわかるアプリ
200万人の年収データをすべて公開。

例えば、前職年収1,000万円の経理の人が年収500万円の経理求人に応募をしても簡単に受かるわけではないということです。

理由は2つあります。

  • その年収にはその年収の優秀な人が大勢いる
  • 何かワケありの応募者ではないかと思わわれる

一つ目は、年収500万円の経理求人には、前職の年収が500万円の優秀応募者が大勢いるのです。そのような強豪を押しのけて年収1,000万円の人が簡単に受かることはありません。

二つ目は、募集企業が敬遠します。前職1,000万円の経理の人がなぜ500万円の求人に応募してくるのかを募集企業が不審に思います。何か問題があるのではないか、何か訳があるのではないかと考えます。

1,000万円の人が入社しても扱いづらい、物足りなくて直ぐに辞めるのではないかといったようなことも危惧します。

年収を下げても簡単に受かるわけではありません。

年収を極端に下げて簡単に取れた内定があったならば、募集内容や募集企業に何かワケがあるのかもしれません。ただし、ワケがあるから悪いということではありません。ワケありの中身があなたにとっては問題のないことかもしれません。ワケありの内容を自分なりに分析し、あなたにとって問題のないものであると分かったら喜んで入社しましょう。

応募企業のターゲットを増やすために希望年収を下げる場合、どの位のダウンが転職活動のターゲットとして妥当なのでしょうか。

前職年収が1,000万円であれば800万円程度、前職600万円であれば500万円前後、20%程度のダウンまでが妥当であると言えます。募集企業が見ても特に違和感はありません。

photo credit: jabberwocky381 via photopin cc



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)