2017年度の中途採用、増加の見通し?

リクルートワークス研究所は2017年1月31日に中途採用実態調査(2016年度上半期実績、2017年度見通し)を発表しました。
同所は2017年度の中途採用の見通しについて、「増える」が14.7%、「減る」が4.3%であることから、さらに増加する見通しと分析しています。

(AD)あなたの適正年収がわかるアプリ
200万人の年収データをすべて公開。

しかしながら、調査結果をよく見ると、
「変わらない」36.0%、
「分からない」36.4%、
「以前も今後も採用しない」8.5%で、
合わせると80.9%です。
すなわち、ほとんどの企業が態度不明です。
さらに前年度同調査と比べると、
「減る」が3.7%から4.3%へ増加しています。
態度不明に「減る」4.3%を足すと
85.2%になります。
これらを鑑みると、弱含みと考えることもできそうです。

もともと割合の少ない「増える」「減る」の多寡をもって、「中途採用が増加の見通し」と結論付けて良いものかどうか判然としません。ほとんどの企業が来年度の採用見通しなど分からないということなのかもしれません



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)