ウソくさい転職の志望動機1位:御社が第一志望です

志望理由をきちんを考えて準備していますか。マイナビウーマンが、男性348名+女性430名に行ったアンケートによると、ウソくさく感じる就職・転職の志望動機1位「御社が第一志望です」だそうです。

ウソくさく感じる就職・転職の志望動機1位「御社が第一志望です

Q.会社の志望動機でうそくさく感じる言葉を教えてください(単一回答)
1位 御社が第一志望です 32.0%
2位 企業理念に共感しました 20.7%
3位 社長を尊敬しています 9.8%
4位 御社で働くことが夢でした 8.6%
5位 社員がいきいきとしているからです 4.6%

余程の人気企業でない限り、それほどの強い志望動機がないのが普通です。その点は多くの面接官も分かっています。

それでも思いつきで答えているような軽い志望動機には、悪い評価をします。
なぜでしょうか?

面接官にしてみれば、自分の勤務している会社が軽んじられているように感じます。もっと言うならそこに勤務している自分が軽んじられているように感じます。不愉快になります。軽い志望動機を答える応募者は評価しません。

そのように感じない面接官であっても思いつきのような軽い志望動機には低い評価を下します。面接に来る以上はビジネスパーソンらしく、もっともらしい回答を予め準備しておくのが当然だろうと考えます。

聞かれると分かっているのに相手を納得させられるような回答を準備してこない人物、すなわち仕事に対する取り組みが甘い人物と評価されます。

志望動機は、ほぼ100%聞かれます。聞かれることが分かっているのですから、きっちりと事前に考えておきましょう。ただし、志望動機はあなたの希望ではないということを念頭において考えましょう。

経理の面接対策 3 志望動機は希望ではない



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)