経理職、どの位の英語力があればいいのか

日本のビジネス界では英語力を測る尺度としてTOEICが広く使われれています。英語を使う経理職を目指しているなら、TOEIC受検は必須です。

経理職の転職活動では、どの位の英語力があればいいのでしょうか?

(AD)あなたの適正年収がわかるアプリ
200万人の年収データをすべて公開。

非管理職の英語力が求められる求人の場合、日本企業であれば、最低TOEIC600点、できれば700点以上、外資系企業であれば、最低TOEIC700点、できれば800点以上が目安です。

経理職では、経理も英語もできる人が、まだ不足している状態です。多少、経理経験が不足気味でも英語力で転職が有利になることもあり得ます。ただし、英語さえ出来れば有利となるのは、これから5年程度です。

最近は、例えば総合商社の場合、ほとんどの新入社員がTOEIC800点を超えていると聞きます。20~30年前は、総合商社でも入社時にTOEIC600点あれば取り敢えずOKでした。英語のできる新入社員が実務経験を積んでいけば、経理もできて英語も出来る人が増えていきます。英語さえ出来れば有利になることは少なくなります。

TOEICを基準に話してきましたが、ビジネスの現場で実際に求められるのはTOEICの点ではなく使える英語力です。TOEICの点のわりには、話すのが上手い人、点のわりには話せない人がいます。

Sankei BizにもTOEICで高得点をマークしているにも拘わらず、英文レターを書けなかったり話せなかったりするという記事がありました。

TOEIC高得点社員の英語力ギャップ なぜ?人事担当者もビックリ

TOEICの点数と実際の英語力の差は、TOEIC700点前後までによく見られる傾向です。TOEIC800点~900点になると試験結果と実際の英語力は等しくなってきます。弊社の転職相談でも英語力が関係する求人に関しては、TOEIC700点前後までの方にはTOEICの点に比べて、自分で英語力はある方だと思うか、ない方だと思うか、得点相当だと思うかをお聞きしていました。

TOEICの得点は転職の書類選考上、必要です。但しそれは、あくまでも書類選考を通過するためのものです。本来の目的は業務で使用することです。入社後に困らないよう実践力をつけておくことも大切です。実践力を付けるには、アウトプットするしかありません。

イングリッシュスピーカと接点がない場合は、一般的には英会話教室に通うことになります。

このとき、絶対にグループレッスンを選んではいけません。
グループレッスンは一見、月謝が安いですが、そうでもありません。

仮に60分あったとしても6人のグループレッスンなら、自分に使われる時間は10分。そのうち半分、先生が話をするとすると、自分がアウトプットする時間は、たったの5分しかありません。

これでは月謝が安くても費用対効果が合いません。

英会話教室はインプットする場ではありません。

インプットは自宅で一人でできます。
相手がいなければできないアウトプットを英会話教室で行います。

英会話教室は必ずマンツーマンを選びましょう。
マンツーマンなら授業時間全てが自分のために使われます。

最近は、DMM英会話など、インターネットを使ってマンツーマン授業を受けられるものもあります。これなら従来の通学式に比べると安価です。

photo credit: Victor1558 via photopin cc



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)