領収書などの「金銭又は有価証券の受取書」は現在、記載された受取金額が3万円未満のものが非課税ですが、2014年4月以降に作成されるものには、5万円未満が非課税とされることとなりました。

「領収証」等に係る印紙税の非課税範囲が拡大されました(平成 26 年4月1日以降作成されるものに適用されます)国税庁

本題から外れますが、領収書以外でも納品書などに「代済」、「相済」、「了」などと記入されていると、その作成の目的が金銭又は有価証券の受領事実を証明するために作成するものであれば、課税対象となると書かれています。

税務調査の場では、領収の証の意図があったか否かは議論を呼びそうです。会社側が意図がなかったことを証明するのは容易では無いので、安易に納品書には「代済」などと記載しない方が良いようですね。

無用な調査対応が増えないように納品書などの文言を点検しておいた方が良さそうです。





candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

中途採用計画増の見通し2019年度

リクルート ワークス研究所の調…

東京国税局

google日本が移転価格で追徴

日経によれば、googleの日…

Googleで経理求人の検索がより便利に

Google検索に&#8221…