厚労省調査6期連続で正社員不足なのに転職市場はそれほどでもないの不思議

厚生生労働省が四半期ごとに行なっている労働経済動向調査によると、6期連続で正社員が不足の状況となっていることが分かった。それでは転職市場も好調なのでしょうか?

24年11月1日現在の正社員等労働者過不足判断D.I.をみると、調査産業計で14ポイントと6期連続して不足となった

( 出所:厚生労働省 労働経済動向調査 http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/43-1.html )

四半期ごとの調査なので、6期連続というと1年半。1年半前から企業では正社員がずっと不足していることになります。それほど不足しているのであれば、もっと求人が旺盛になり転職市場に活気があってもよさそうです。現在の転職市場は改善の状況にあるとは言え、とても活気に満ちているとまでは言えません。

正社員等労働者過不足判断とは

厚生生労働省の労働経済動向調査の調査をよく見てみると、不足しているから「採用を行なったか」とまでは聞いていません。調査票を見ると労働者の過不足を聞いているだけです。ですから、不足していると感じているかという気分を聞いているだけだったのです。

不景気時の社員不足感とは

好景気や景気浮揚時には、不足感=採用になりますが、現在のような不景気下においては、不足感だけでは募集に至りません。企業にとって人件費は最大のコスト要素です。しかも、正社員の場合、変動費ではなく固定費(時間外手当等の除く)です。業績向上が見込めなければ固定費を増やすことはできません。固定費ではなく変動費(今の人員で残業する)で頑張るということになります。社員の不足感があっても、採用は景気先行き感に影響されます。ニュースや特に転職サイトでは、社員不足感=良い話というニュアンスで伝えられることも多いですが、不景気下においては、とくに良い話ではありません。逆に転職市場の流動性が失えれていることの表れと言えるでしょう。

当面は転職市場の流動性悪化

内閣府は2012年12月7日、「景気動向指数は悪化を示している」と発表しました。基調判断を「悪化」としたのはリーマン・ショック後の2009年以来です。毎日jpによれば、内閣府は「景気後退の基調が定着している可能性が高い」としているとのことです。

当面は、厚生生労働省の労働経済動向調査による正社員不足が報道されても、それは採用が増えるという意味ではなく、更に転職市場の流動性が失われていると捉えましょう。

2012/12/13
photo credit: deanmeyersnet via photopin cc



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)