そもそも人間関係の悪化は結果であり、例えば仕事のやり方のついての意見の相違など、その原因があるはずです。

その原因を転職理由として説明する方が正しいですし、聞く側の誤解も生まれにくいでしょう。人間関係の問題は、その当事者同士だけの関係から生じるのではなくそれまでの経緯、当事者を取り巻く諸環境(業務の多寡・当事者以外の人々・業績など)も影響しています。面接という限られた僅かな時間内に第三者がそのような状況を正確に理解することはできません。面倒な問題を起こす人物との評をくだされてしまう可能性を否定できません。

人間関係の問題を第三者である選考者に正確に理解させるのは非常に難しい。小説家なみの人間の心情を伝える能力、雄弁家なみの説得能力が求められます。その自信がなければ、選考者に問題人物と誤解される可能性があります。

結果として、人間関係の問題で転職する場合、その原因(例えば仕事の進め方(面接では具体的な例を挙げる必要があります))を見つけ、人間関係の問題とは切り離して(人間関係の問題という文言には触れない)、その原因を転職理由として説明しなければなりません。原因を見つけられない場合やそれを上手く説明できない場合は、人間関係とは全く別の転職理由を述べる方が得策かもしれません。



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

中途採用計画増の見通し2019年度

リクルート ワークス研究所の調…

東京国税局

google日本が移転価格で追徴

日経によれば、googleの日…

Googleで経理求人の検索がより便利に

Google検索に&#8221…