経理の面接対策 2 志望動機

ビジネスマンとしてのしかるべき準備は必須

マニュアル本は良くない?

必ずしもそうではありません。マニュアルは利用方法によっては非常に有用です。

利用すべき箇所     :質問内容
利用すべきでない箇所 :回答内容

(AD)あなたの適正年収がわかるアプリ
200万人の年収データをすべて公開。

面接官の質問はありふれた形式的なものとなることが多いです。ですから、面接対策本などで想定される質問を予め知っておくことは非常に有用です。

予め想定される決まった質問については、予め自分なりの回答を想定、準備しておきましょう。
準備をしておけば、応募企業や仕事への熱意をその中で伝える余裕も生まれます。

いわゆるマニュアルを見れば、よくある質問を確認できます。注意が必要なのは、マニュアルの回答をそのまま自分の回答にしてしまうことです。マニュアルの利用は、質問事項を知るに留めましょう。質問が形式的なものだからといって、形式的な無味乾燥な応答をすると良い結果は得られません。

志望理由、志望動機と言われても・・・

確かに、なかなか熱意と言われる程のものがない場合もあるのが実状でしょう。特に、転職エージェント(人材紹介会社)から紹介されて、応募する場合は、「紹介されて初めてその会社を知り、よさそうだから応募した」といったケースが多いでしょう。

一部の超人気有名企業を除き、そのような実状は面接官も重々承知でしょう。ただし、だからといって「紹介されて御社を知り、よさそうだから応募してみた」と回答するのはビジネスマンとして考えものです。

事前に企業を研究、熱意とまではいかないまでも、関心のある部分を見つけ、それなりの回答をすることが重要です。その企業やビジネスについての質問ができること自体、企業に関心がある、熱意があることの表れになりますので、面接では機会があれば積極的に質問しましょう。但し、応募企業のHPを見れば分かることを質問すると逆効果になりますので注意しましょう。事前にHPをよく見ていません=あまり関心がありません、と言っているようなものです。

例えば、できる営業マンは、買ってもらいたいお客に「あなたには関心がありません」と感じ取られるような受け応えをすることは、ありません。転職も自分の経験能力を買ってもらうという観点では同じです。

事前企業研究をして面接で疑問点を明らかにしていけば、入社してから「こんな筈ではなかった」と転職を後悔するリスクも減らせるはずです。





candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)