有給休暇取得率の高い業種

出所:東洋経済ONLINE

東洋経済のCSR(企業の社会的責任)調査によると、有給休暇取得率の高い業種は、電気・ガス業で78.5%(11社)、続いて石油・石炭製品74.1%(3社)。

その他企業別の取得率など詳細は→ http://toyokeizai.net/articles/-/13114

インフラや燃料系の業種に高い傾向があるようです。参入障壁が高く新たな競合企業が現れにくい、計画通りにあがる売上、コスト増を販売価格に転嫁しやすい、利益が安定している業種の有給休暇取得率が高いようです。

有給休暇を含む休日数は、若干は企業努力で改善することができると思いますが、それ以上はビジネスモデルによるところが大きいと思います。

週刊 東洋経済 2013年 3/30号 第3特集にCSR企業ランキング2013
CSRへの取り組みと財務内容を基に、企業を総合評価。トヨタ自動車が2年ぶりにトップ、NTTドコモが非製造業で初のベスト3入り。



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)