職務経歴書の書き方に色々なタイプがあり、どれにしたら良いのか分かりません。ある紹介会社のアドバイスで作ったものが別の紹介会社に行くとダメと言われました。

職務経歴書の書き方に唯一無二の正解はありません。どのサイトに書いてある例も、どの紹介会社でアドバイスを受けたものも正解です。但し、あなたにとって最良の職務経歴書ではない

(AD)あなたの適正年収がわかるアプリ
200万人の年収データをすべて公開。
かもしれません。あなたにとって最良の職務経歴書は、数件のアドバイスを受けたりインターネット上で情報を収集したりした後に、それまでに得た情報やアドバイスを総合して、自分に一番あっていると思った形で作成します。紹介会社で指摘される度に形式を作り変えていると収拾がつかなくなります。ポイントは、今この瞬間にあなたが何を出来るのかが10秒で分かる書類であることです。書類を隅々まで読み込まなければ、何が出来るのか分からない、その企業が求めていることを出来るのかが判断できないものは、チャンスを逃す職務経歴書です。どんなにきれいなレイアウトであっても無意味です。重要なこと、求人企業が関心のあることから先に記述していくのもポイントです。最初の文章は、次を読んでもらうためのもの、次の文章はその次の文章を読んでもらうためのものです。



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…