勤務していた会社で決算を行っていたことになっていたのであれば、決算経験があると記述します。それが一般的なレベルと比べて十分なものなのかどうか、あなたが書類作成の段階で

判断する必要はありません。そもそも決算レベル1や2のような共通の基準があるわけではありません。そのすり合わせを行う場が面接です。面接の場で、先方が求めている決算経験と自分の決算経験が合致するのか、応募先企業ときっちりとすり合わせましょう。勤務していた会社で決算業務を全て行っていなかった場合は、決算補助と記述します。



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

中途採用計画増の見通し2019年度

リクルート ワークス研究所の調…

東京国税局

google日本が移転価格で追徴

日経によれば、googleの日…

Googleで経理求人の検索がより便利に

Google検索に&#8221…