「条件良ければすぐに転職」新入社員の3割、10年ぶりの高水準

転職市場の回復を反映か

(財)日本生産性本部が2014年春に行った新入社員へのアンケートによれば、「条件のいい会社であればさっさと移る方が得だ」とする回答が 10 年ぶりに3割を超え(30.9%)ました。

10年前の2004年といえば、2000年前後の多数の地方銀行破綻による金融不安が落ち着き、「第二新卒」という言葉が転職市場で盛んに使われ始めていた頃です。新卒入社後数年経過した20代半ばまでの若手が転職市場でもてはやされます。その後、不動産プチバブルなどと言われ、我が国の景気は上調子です。100年の一度の大不況といわれた2008年のリーマンショックまで続きました。

同アンケートで最も高い数値を記録したのは1999年。43.6%が「さっさと移る」と回答しています。インターネットが広く普及し始めたITバブル最高潮の頃です。ベンチャー企業が勃興、ベンチャー企業の求人が急増、大企業からベンチャー企業への転職も珍しくなくなりました。

現在、転職市場は、いわゆるアベノミクス景気でリーマンショック前に戻りつつあると言われており、その求人状況がこの新人の回答にも現れているようです。





candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)