不適切会計2015年度過去最多

東京商工リサーチによれば、2015年度(2015年4月‐2016年3月)に「不適切な会計・経理」を開示した上場企業は58社(58件)で、過去最多だそうです。

(AD)あなたの適正年収がわかるアプリ
200万人の年収データをすべて公開。

内訳に、「誤り」、「着服」、「業績や営業ノルマ達成を動機とする架空売上」、「循環取引」等が含まれていますが、経理の立場からすると先ず、不適切会計と言えるのは「誤り」だけではないのかと。「業績や営業ノルマ達成を動機とする架空売上」、「循環取引」が粉飾、「着服」は会計の問題ではなく単なる窃盗事件ではないでしょうか。

不適切会計の内訳にこれらが含まれていることに違和感を覚えます。不適切会計という言葉は、粉飾や窃盗事件と表現すると企業イメージに重大な打撃を与えることになるからと考えられた詭弁(キベン)でしょう。

同調査では、2015年度は前年度から倍増、しかもその約4分の1(構成比 24.1%)が2016年3月に集中した理由を金融庁が会計監査の信頼性確保を提言し指導した成果であると分析しています。

3月8日に金融庁が提言を公表
→監査法人がクライアントへ伝える
→クライアントが社内調査
→発表すべきものか企業内で検討
→社内申請
→社内(複数)決済
→発表原稿を起案する
→原稿の社内申請
→原稿の(複数)決済
→不適切会計を公表する

不適切会計が最も多かった市場は東証一部だそうです。東証一部上場企業が、現実的にこれだけの手続きを、僅か16営業日で成し遂げることができるのでしょうか。

はなはだ疑問です。

景気悪化に耐え切れず粉飾をする企業が増加、東芝事件のこともあり事前の社内調査により経営として事実を把握していたが発表に踏みきれずにいた。

どこか一社が先陣を切って不正を発表、それを見た他企業が発表するなら他社が発表した今しかない、今なら複数社のうちの一社となり目立たないと、次々に慌てて粉飾を発表したということではないのでしょうか。

想定以上に企業の業績は苦しいようです。



candidate1
管理部門系に強い人材紹介会社一覧
良い転職への第一歩、経理に強い人材紹介会社に必ずコンタクトしよう。[PR]


希望企業へ推薦できるか無料診断
行きたい会社に推薦してもらえるか知りたい?コンサルタントから診断結果がとどきます。[PR]

candidate3
人材紹介会社とは
失敗しないために予め知っておきたい。種類・メリット・選び方・活用フロー。[PR]

海外拠点のある企業に転職するなら移転価格ガイドブック必読

国税庁が6月9日、「移転価格ガ…

東証一部上場企業で消費税課税区分を複数年度誤申告

東証一部上場企業で何年にもわた…

外資系企業向こう数年求人増の傾向

東京都が「国際金融都市・東京」…

チーフ コンサルタント

投稿者: チーフ コンサルタント

経理の転職相談を専門に年間約200人の経理の方と面談。以前は、総合商社本社の税務部門、経理部門、および海外法人にて業務に従事。本社 主計部・経理部での業務のほか、インフラプロジェクトの国際税務担当として、タイ、マレーシア、インド、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ウクライナ、エジプト、カザフスタン、ロシア等に赴く。その後、Big4国際会計事務所にて、ブランド価値評価、移転価格、業績評価コンサルティングに携わる。(米国公認会計士)